FC2ブログ

Miku Nagano 永野未来 ブログ(公式)

絵画制作しています。推薦環境はPC。I am making paintings. Recommended environment is PC.

『空を見上げる。』永野未来個展

EetQwqDVoAIQDgi (1)

8月10日~13日にGallery IYN にて個展をします。
コロナウイルスに気を付けてお越しください。
https://www.gallery-iyn.com/
​大阪市北区中崎西4丁目1-8中崎WESTビル4F
​JR「大阪」駅 徒歩 9分
阪急「梅田」駅 徒歩 6分
大阪メトロ「中崎町」駅 徒歩 2分

さくらの花ことばもまだ開催中です。
『さくらの花ことば』7/29~8/17
場所:大阪 CreationCafeIYN
https://www.gallery-iyn.com/creationcafe-iyn

最近ギャラリーの絵用に小さい作品を結構描いてるため、良い加減イーゼルを買わないとな…と思ってます。
(趣味で公募展出してた時は壁に立てかけられるサイズの絵が多かったため買ってなかった)
あと、いい加減展示前に緊張してあわあわする性格をどうにかしたいです…笑

TOSA・美術アカデミー展の展示風景

この前あった展示の紹介です。(キャプションなしの状態)

IMG20200721153758 (1)
私の絵はこのように展示されていました。
左から「しがらみ」「愛」「償い」(各F3)

IMG20200721160135.jpg
IMG20200721160200.jpgIMG20200721153725.jpg
IMG20200721153738.jpgIMG20200721160217.jpg
他のOBOG達の作品と学生たちの作品。学生たちのデッサンは毎回このように展示されます。
展示するのが大変です。毎回デッサンは学生が準備するのですが、今年はOBOG達や助っ人達によって展示されました。

次回展示のお知らせ

展示のおしらせ

「さくらの花ことば」7/29~8/17
場所:大阪 CreationCafeIYN
https://www.gallery-iyn.com/creationcafe-iyn

「空を見上げる」永野未来個展 8/10~8/13
場所:大阪 GalleryIYN
https://www.gallery-iyn.com/

第29回TOSA・美術アカデミー展

「第29回TOSA・美術アカデミー展」7/22日~26
場所:高知市文化プラザかるぽーと第5展示室
http://www.bunkaplaza.or.jp/event/index.html
私は絵を三点展示しています。
EcTe3GUUwAAn9C1.jpg

耳をすませばと猫の恩返し

109169744_2962757037106918_3813012737205510272_o.jpg
自分の感性を高めたいと思って、耳をすませばと猫の恩返し(バロンー猫の男爵)を古本で購入。
ジブリの耳をすばせばと猫の恩返しの原作となる本です。
前々から読みたいなと思っていた作品です。

猫の恩返しは、耳をすませばに出てくる主人公の本が大好きな雫が書いた物語の設定のようですね。
それを知った時に両方読もうと思いました。

耳をすませばに出てくる天沢くんは、原作ではバイオリン作りじゃなくて画家になりたかったようですね。
原作の方が爽やかに終わったなと思いました。ジブリの方はどうしても説教臭いというか…それもいいんですが笑
普通中学生の男子が女の子に「結婚してくれ!」なんて言うかと思ったりしながらジブリでは見てましたが。
どちらにしても、朝焼けで偶然に掛けて告白しようと思ったという天沢くんは何だか可愛いなと思いました。

猫の恩返しではバロンの事務所が地球屋になっていて、ムーンという猫もまたここで活躍するところが雫が書いた作品らしくて良いなと。
バロンがとてもカッコよく描かれています。
バロンが恋人の写真を飾っているのが何とも切ないですが。戦争に巻き込まれた二匹は無事再会されるのでしょうか。

一番自分が興味を持ったのは、雫が無事作家として成功したのかどうかです。
自分の夢を大人になって叶えるのは中々大変ですものね。

ちなみに自分の夢は「絵が描ける仕事ならなんでもいい」でしたが、気が付いたら流れで画家になってしまったという感じです。
(高校の時はイラストレーターになりたかったのですが←でも美大の実技で洋画の方が楽しそうだからという理由で洋画に進んだ)
まだ画家として確立されているかというところは不安はあります。
でも人を良く見てる父からはこう言われます。「才能と努力とそれが好きだったら夢は叶う。」と。
これからも応援してくれる方々のために頑張ります。

最近ちょっと忙しかったりネットの事で殺伐としていて苦しかったので、こういう爽やかな青春時代を思わせる作品に出会えて、感性も少しは豊かになったかなと感じます。以上。