Miku Nagano 永野未来 ブログ(公式)
FC2ブログ

Miku Nagano 永野未来 ブログ(公式)

絵画制作しています。推薦環境はPC。I am making paintings. Recommended environment is PC.

BOOTHの値段変更など

Posted by Miku Nagano 永野未来 on   0 

BOOTH(グッズオンライショップ…このサイトの右側にあります)の値段変更と新たにTシャツとマグカップを追加しました。
是非のぞいてくださいね。
https://miraiya005.booth.pm/
c9ea4440-da05-4408-bef3-12ea3928804b_base_resized.jpg34693139-69fd-4b05-991d-f1066bbebe42_base_resized.jpg
60d96351-39e0-483b-81d6-dd9e287c2df4_base_resized.jpg04011919cc.png
こんな感じです。
半分自分用だったりしますが…自家生産。自家生産。笑


EG6NP3GUYAI1w0O.jpg
レザー調のスマホケースは自分でも購入してます。
「どんな絵描いてるんですか?」と聞かれた時に「こんな感じです。」って見せてしまえば一番説得力あるので。

---
来年の絵はとりあえず1月用は何とか無理矢理揃えた感じです。
あとはダンボール箱を購入しようかなと…自分で作るよりロットで買った方が綺麗だし効率もいいため。
なんやかんやと自己満足して楽しんでます(^^♪

一応来年の予定を…

Posted by Miku Nagano 永野未来 on   0 

一応ですが、来年の予定をお知らせしておきます(変更する場合もありますのでご了承ください)

来年の出展予定
・1月 Kochi Art Messe(高知市文化プラザかるぽーと7階)←販売あり
・1月 さよなら女流展(高新画廊)←10/29追加
・5~6月頃 高知市展(高知市文化プラザかるぽーと7階)←委員としても活動する予定
・6月頃 関西二紀展(大阪) ※審査あり
・7月~8月頃 TOSA・美術アカデミー展(高知市文化プラザかるぽーと7階)
・8月頃 個展(大阪)←販売あり
・10月頃 高知県展(高知県内、未定) ※審査あり
・10月頃 二紀展(東京) ※審査あり

苦労しそうだなとこれ見てちょっと冷や汗でますが、気ままに過ごします…苦笑

「galleryスタッフが選ぶ作品展」 開始

Posted by Miku Nagano 永野未来 on   0 

大阪
7/5(金)~10日(水)「galleryスタッフが選ぶ作品展」 無料(作品販売あり)
GALLERY IYNのサイトはこちら

本日からです。どうぞよろしくお願いいたします。
祖母が住んでいる高知県本山町の風景がをF3ぐらいの大きさで3点展示していますので、
機会がありましたら是非自然囲まれた世界に癒されに来てください。



最近結婚の話が出てくるお年頃になりました。
一応私としては「私の幸せを心から望む相手がいるならばその人の幸せを望む」という考えでいます。
最近は利己的で自分は傷つきたくないというエゴに満ちた人間もいるため(子供じみたモラルハラスメントする男性が典型的ですね)、自分一人で生きる選択肢も考えています。
あまりプライベートなことを詮索されたくない人間でしたが、最近はどうしても年齢の関係で詮索してくる人間もでてくるため、
敢えて表記しました。
ちなみに自分の幸せは絵を描くことです。幸せというものは相手から与えられるものでなく、自分で導き出すのが幸せじゃないでしょうか。この考えが理解できない方とは人間としても関わりたくありません。

以上。

プロフィール更新しました

Posted by Miku Nagano 永野未来 on   0 

プロフィールに、絵画に対する想いというところを追加しました。
私の中でも色んな現実や社会の中でブレが生じることがあるので、もう決めてしまおうと思い作成しました。
以下の文章を追加いたしました。

絵画に対する想い
基本的に風景画をメインテーマとして描いています。
人物や動植物をメインとする作品も風景は基本的には入れる主義です。
風景(地球)を大切にできる人は人を大切にできる」ということを信じて描き続けています。
基本的に写真をツールにして描いてますが、現実から何を描いて何を省くか取捨選択して良いものを引き出すという方法で描いています。
そこから「実際に行ってみたくなる場所を描く」「人々に癒しを与えられるような作品」を制作すること。
それが私なりの絵画制作にあたるモットーです。
そして他者の表現方法をなるべく尊重して、多くの描く人が本当に何を描きたいのか?を引き出すよう社会に役立てるような作家でありたいです。

まだまだ技術に関しても精神に対しても拙いところばかりですが、この言葉を時々思い出しながら自分も制作に携わっていきたいです。
来年から二紀展に向けて頑張ろうと予定しているところですが、その二紀会の精神も頭の片隅に置きながら、自分ものびのび頑張っていこうと思います。

このカテゴリーに該当する記事はありません。