Miku Nagano 永野未来 ブログ(公式)
FC2ブログ

Miku Nagano 永野未来 ブログ(公式)

絵画制作しています。推薦環境はPC。I am making paintings. Recommended environment is PC.

田中愛子さんの個展と…

Posted by Miku Nagano 永野未来 on   0 

今日はギャラリーEにて田中愛子さんの個展に行ってました。
http://gallery-e.jp/2019/03/12/tanakaaiko/

田中愛子さんは同い年で同じ予備校で、京都造形大学で洋画を専攻された絵の仲間です。
同じ予備校の仲間の上島豊正さんとのトークショーもあり、予備校生も駆けつけ面白い展示とトークショーでした。
何が面白かったのかというと、同い年の田中愛子さんと上島豊正さんが同じ洋画について語っているのに、
やっていることは人それぞれ違っていて、それでも変わらず洋画に向き合っていることでした。私の中では。

田中愛子さんの植物や鉱物を抽象化させたような絵画(立体に近いギリギリのラインで制作されている作品)がある空間と、
上島豊正さんのように地域性豊な洋画を描く人とのトーク、
写真家でありギャラリーE代表の岡本明才さんが時々写真家としてもっと広々とした話を始めて、
高知のことから日本国内のこと、そして海外へと色々なアートのことを語り、
それでいて堅苦しさもなく団らんとしたあの空間はなんだったんだろう、不思議だなと感じたりしました。
そして高知出身のアートを志す大学生や浪人生、予備校生、アート活動しなくても興味ある人たち…皆は何を感じ取ったんだろう。
懐かしい予備校時代の仲間たちとも偶然再会して色々話がもりあがってよかったです。
「ブレてないねー」って言われたんですが、自分の中ではブレブレだと思っていたのでそれも不思議でした。
皆それぞれ元気そうなのが一番ほっとした。

出かける前ちょっと調べ事をしていて、高橋由一の「真に迫り妙に至る」ってどういう意味だろうと父と一緒に考えたのですが、
何故か私より父の方が感心していたのが驚きでした。父も何を思ったんだろう。
私はとりあえず、見えたものを描くばかりで、もっと宇宙という闇があって、太陽光が射すというとても簡単な理屈を意識して絵に向かって描いているかというとそうでもなかったなみたいな反省をしています(ざっくばらんすぎて申し訳ない)。
まあ、いまだに絵を描き続けられるのは親の支えもあるので何とか…家族が団結したような気持ちになれて良かったです。

六月からはできれば本当に一人きりになって色彩検定の勉強に取り掛かりながら時々展示に参加する形を取りたいところです。
高橋由一館が金刀比羅宮にあることも知れて良かったです。香川なら高知から近いので行けたらいいな。
今は絵を描かずに、多くのことを吸収したい時期です。

明日は高知市展の搬入です。市展では高知の作家さんの講評も聞きたいところです。

写真家さんたちと交流

Posted by Miku Nagano 永野未来 on   0 

写真家さんの岩崎勇さんとその教え子さんたちと、今日は白木谷国際現代美術館に行き写真を撮りました。

奥さんと代表者の武内光仁さんが運営していて、どの作品も圧倒されっぱなしで、すごいとしか言い様がなかったです。パワーを感じるばかりでした。
奥さんに私は絵画をしてますと伝えると「悩みながらでも続けていくことが大切だよね」と告げられたので、私も今は苦しい時期ですが何とか続けていける方法を見つけるべきだなと考えてます。

写真家の先生も、「個人で写真を撮るときは孤独の勝負だけど、こうしてみんなといるときはお互いの写真をみるのも勉強になるから見せ合いなさい」と生徒さんに教えていたので、アートは個人であり団体なのだなと改めて感じました。

生徒さんも高知県女流展に出す方がいるということで、私もそういえば出すんだったと現実に戻ったり。

山の中なので散策しながらアートが楽しめて良かったです。
高知はもう梅も山桜も咲いているのでいい時期でした。
気分転換もしたことなので、あとはちょっとずつ自分の用事もしないとですね。

個展の絵を購入して下さった方から、絵にちょっと傷がついてるから直してほしいと言われているので、また修正してお渡しします。
そんな失敗もありながらなんですが、いつも絵を見てくれてる購入者のためにもしっかりせねば。

帰りに車に途中まで写真家さんたちに乗せてもらって、その時流れていた松岡直也の曲にハマったので、それを今晩はじっくり聴いていようと思ってます。

20190221181522101.jpg

咲いてました。

土陽美術会

Posted by Miku Nagano 永野未来 on   0 

Dsv8pFOUwAA7Dg2.jpg
高知県立美術館1階、第4展示室で開催されている「土陽美術会」のギャラリートークを見てきました。
さわ美術研究所の企画に参加しただけなので、最初私もどんな展示なのかなと気になっていましたが、
内容は高知の明治から昭和初期にかけての高知県出身の美術団体の話でした。
話を聞くと、意外と今の高知の美術団体と似たようなところもあったり、全然規模が違うなと思うところもあったりで面白かったです。
作品も東京方面の方はレベル高いなぁ~と思いつつ、高知支部の作品も良いものも結構あったり。
大体洋画と日本画の展示でしたね。彫刻が陶芸は中々調達できなかったのだとか。
関東大震災を機会に自然消滅してしまったようですね。儚い…。
でも、その団体の中の一部の方の中には、今の高知県展に携わった方もいたのだとか。
凄く濃い内容の展覧会でした。12/20日までやっているそうなので是非。

このカテゴリーに該当する記事はありません。