FC2ブログ

Miku Nagano 永野未来 ブログ(公式)

絵画制作しています。推薦環境はPC。I am making paintings. Recommended environment is PC.

絵が進んだ

EpWx1_GUYAYEhp-.jpg
まずはじめに。丁子紅子さん @chbeni
からのプレゼント企画が当たって届いたのでご紹介します。
とても丁寧に…しかもこれからなんだか幸せそうになれるお宝作品で、本当にどうもありがとうございました!!
梱包も丁寧でためになりました。クリスマスは絵を描いて楽しく過ごそう…笑

嬉しくて制作の方も今晩は捗りました。
IMG20201217002615.jpgIMG20201217002653.jpgIMG20201217002636.jpgIMG20201217002610.jpgIMG20201217002707.jpg
まだ完成ではないですが。5月予定の絵をアクリルでざっくりと。
これから修正したり油絵で加筆していきます。
心なしか色合いは前よりよくなったような?
母が鬼滅の刃の胡蝶しのぶさんみたいって言っていて、そういう意味で描いたわけではないけど…楽しめたらいいかと思いました。

EpFLaPQVgAE7RU5.jpgEpFLfKzUYAAp_-F.jpg
ああ、こんな時期に色彩検定の二次試験のため大阪行ってました。
ホテルが講演や講習、勉強会などは安くなるシステムで良かったです。
あと迷子にならなくてよかったです笑
二次試験は勉強一時間前でもみんな勉強していて、雰囲気がすごかったですね。
私も来年がんばろう…(今年はお試しで行ったようなものなので)

最近はそんな感じですね。

花の絵、苦戦中。

Ei0V_XpUYAAz9TZ.jpg
タイトル通り。苦戦中。
スケッチしといたらよかったかなーと今更考えている。

一応南国のイメージです。
色はあってるかな。形も。表現ですね。表現。
植物園に行ったので、そこで見つけた蘭を描いてます。

小さい作品になると途端に描けなくなるのをどうにか乗り越えたいところです。
(普通逆じゃないかな?)

絵に纏わる日常

今日は制作したりDMを渡したり頂いたりしてきました。
来週から「独立.ニ紀出品高知作家展」が始まります。
その次の週から予備校のOBOGとして「第29回TOSA・美術アカデミー展」があるため予備校に久々に行ってました。
相変わらず先生は元気で良かったです。
EcTe3GUUwAAn9C1.jpg
行きの前と帰った後は来年の展示のため制作。絵を描いてから出すまでに時間差があるので時々時間がよくわからなくなります。
そのぐらい忙しい方がありがたいのかも。

IMG20200707203828.jpg
プロフィール画像を変えました。
画家として顔を覚えてもらうという方法も大切なことだと思ったため。
あと写真撮ってないと突然死した時写真がないと困るらしいですね…。
突然死しないように生きますが、保険として顔写真にしておきます。

店に置く絵のこと

D8HvfYcUEAASDJd.jpg
祖母が高齢になり、母が祖母の店を継ぐことになり外装をガラッと変えたいということで、自分の絵を飾ることになってます。
前の個展でも思ったけど、絵を描いてから壁に飾るより、壁に合わせて絵をどう置くかデザインする方が手っ取り早い。
(壁によって雰囲気大分変わるので)
とりあえず今は配置だけ適当に考えてそのあと釘で飾ったらいいやと、今は適当に思案してます。

D8WSpupUwAAwgQq.jpgD8WbnAIUEAAGfIp.jpg
壁の量が明らかに多いため何パターンかスケッチ考えて、合いそうなものを制作して展示する予定。
といってもこの店は画廊じゃなくて雑貨屋さんで自分の絵がメインではないので、店に合う絵を展示する予定。
(母も亡くなった祖父も自然が好きだったし田舎だしということで結局風景画メインです)
人のことも考えないとねこういうことは。
色も重要になると思うので木の壁あたりは暖色系~緑系メインにして、白い壁は寒色系で行こうかなと。
キャプションもつけてほしいということなのでまあそれも追々…。

土佐れいほく博あたりには間に合わせたいということで、まあ適度に頑張ります。

整理整頓

今まで絵のことで必死で生きてきたため、令和にもなったことなので色々整理整頓してます。
自分のこだわりなどをノートに書いたり。やらないといけないことややりたいことをメモしたり。
まあ女性でもあるのでケアしたり化粧品や服を整理したり。意外と私は物に対するメーカーの拘りが強い。
(例えばクリエーターが大抵Appleであろうが私はWindowsでないと気が済まない)
掃除も大分片付いてきたので、6月頃にはキャンバスもお迎えできるのではないでしょうか。

30近くなって思うことは、生活や人間、自分を無視してまで絵に必死になってはいけない。
余裕が無い人の絵は余裕が無く、幾ら頑張って絵を描いて渡したところで、しっかりした人に渡らない可能性もある。
そうなるといずれ飽きられ捨てられる運命にある。絵は本来そうであってはならない。

そんなことをぼやぼや考えてノートを書いてました。
絵も一応手を付けてますが、まだ思ったように情熱も冷静さもないですね。
本当に描くのが義務化している状態になっていて楽しくも何ともない。
それでも試行錯誤して、バラに対して「再生」を望んでるところですが。
夏の展示ぐらいから気分も変わることを祈ります。
20190501195730069.jpg

本当に描きたいイメージから離れる時も、仕方ないと思います。
スランプ時にやることは、休むことと継続。
色が明るくなっただけマシかな。

続きを読む