Miku Nagano 永野未来 ブログ(公式)
FC2ブログ

Miku Nagano 永野未来 ブログ(公式)

絵画制作しています。推薦環境はPC。I am making paintings. Recommended environment is PC.

犬に踏まれたカナレットの模写

Posted by Miku Nagano 永野未来 on   0 

20181231230530f6a.jpg

カナレットの模写をして勉強していて乾かしている最中に犬に踏んづけられて、このまま足跡を残そうか書き足そうか迷っている大晦日です。
(犬も絵を描きたくなったりするのでしょうか?絵を描くゾウは何かでみたことあります)
カナレットの絵は大学時代に見たことがあって、凄く落ちつくけれど印象的でもあった絵画でとても好きです。
色合いやトーンの作り方が好きだったりします。
現物が見られる方は是非是非。

年末に絵が好きな人とお話ししてたら、フェルメールは好きだけど、特集が売りっぽくて嫌だという意見を聞いて、絵を見る側の人の話が聞けてよかったなと思いました。

作家と売り手側と見る人の気持ちが一致したら一番良いんでしょうが、中々そうもいかないところもあるんだろうな…。

話が変わりますが、最近は両親に自由に生きろと言われて戸惑ってます。じ、自由??
自分なりに自由の意味を考えましたが、我を通す我が儘と自由は反比例された世界だろうなということ。
自由は制限の中に自由がありますからね。
制限のない自由はただのわがまま。
年越しに自由の難しさを考えさせられました。

スランプ抜ける

Posted by Miku Nagano 永野未来 on   0 

スマホから投稿できるように設定してあるのですが、画像縮小がしたくて設定を見直すか、Adobeのアプリをインストールしようか迷ってるところです。今回は文字だけの投稿。

最近全く絵が描けなくて、どうせまた描けだすだろうと放置してました。
今日は前回提出していた絵をリメイク(加筆)して、一応終わらせようとしています。
絵の終わりはなかなかタイミングが難しいところなのですが、こういうときこそ翔け展でお会いした中西茂さんの「初心者でもいい絵が描ける」を読み直してみたところ、完成をさせるときにサインを描いて終了にしたらいいという踏ん切りのことを書いてあったので、決めはサインだなと勉強になりました。

あと、自分がどういう絵を本当に描きたいのかスランプの時に悩んでいたのですが、古典でもありながら尚且つ新しい風を吹き込めるような、そしてもう一つ大切なことは西洋らしさ、かな。と自分なりに考えていました。
海外に行ったことがないので西洋の雰囲気を日本から感じ取るしかできないけれど、それは逆に日本にいるからこそ西洋らしさというのははっきり感じ取れるかもしれないということで、色々な資料も参考にしつつ自分の技量と重ね合わせて積み重ねていけたらと思います。

丁度西洋らしい子犬も飼っているので、どんなかんじなのか勉強させてもらおうかな。
アンは雑種でわかりにくいですが日本犬型で、リンは雑種は雑種でも血統が西洋風なのです。


では皆様、よいお年を~!

親とは

Posted by Miku Nagano 永野未来 on   0 

私は虐待もうけながらも、肉親は大切に思っています。
しかしながら、親とはただ肉体だけの親が親とは思っていません。
既にお亡くなりになった方でも親代わりの人、大切に育ててくださった方々はみな親も同然のように厳しくも暖かく見守ってくださった方々、そう捉えています。
特に絵を習ってきた上で、肉親の親を遙かうわまるぐらいまで育ててきてくださった方々は肉親以上の親しみを感じ、どういう縁であれ、みな私を形成してくださった親子のような愛情を受け注いでくださった方々だと考え、敬うにも敬いきれないぐらいの恩を感じてきている方々は沢山いらっしゃいます。
これは恩恵というだけではすまされないぐらいの幸運だとひしひしと感じています。老若男女問わず。
出会ってきたかたがた、それぞれが縁なのだと思い大切にしたい存在です。
親だけではわからなかったことを沢山教わりました。
人間は死のうが生きていようが運命共同体です。
そのことを励みにして今日も生き続けてこられました。
虐待されようがのた打ち回るような悲劇に襲われようが生きてこられたのも、出会ってきた数々の抱えきれない人と人とのであいだと感じます。

今日もそれを励みにして生き続けます。
元々は死にたがりでしたが、恩恵を大切にしながら、これからも生き続け絵を描けたら幸いです。

好きなこと、得意なこと

Posted by Miku Nagano 永野未来 on   0 

今日は買い物したり整体行ったりしてました。
フィギュアスケートを見たら自分軸というのが気になって、普段体勢が悪いのではと整体に行ってみたらやっぱり身体にガタがきてました。健康には気を付けてストレッチしよう…。

最近あまり絵を描くのも好きじゃなくなってきたな…と思ってきてたのですが(所謂スランプでしょうか)、
別に好きじゃなくても絵を続ける理由は沢山あるわけで、得意だから描くとか、使命感があるから描く。とか。
描けない時は無理しないでこうして人間としての生活を正したり、描かないで見るという選択肢もありますし、
よくみんなが「スランプだー!」と嘆いてる時って、意外と黙っていたら通り過ぎてまた描き出せる時が来たりするので
あんまり気にしなくてもいいんじゃないかと私も漸くこの歳で分かるようになりました。
ツイッターなど見てた時はフォロワーさんの作家さんたちが入院したり病んだりして大丈夫だろうかと心配してたことが多々ありましたが、
きっと乗り越えられている。今は関わっていない人達でも前に関わっていたので、そう思いたいです。

御厨人窟が見られるように

Posted by Miku Nagano 永野未来 on   0 

高知)空海ゆかりの洞窟、12月にも再び入れる 室戸(朝日新聞デジタル)
https://www.asahi.com/articles/ASL4T5HSJL4TPLPB008.html

今年私が二紀の神戸巡回展で出してた御厨人窟。
再び復活したようで良かったです。お遍路でもお馴染みの場所なので何より。
私も絵を描いておいて見たことが無いので行ってみたい。
お遍路は来年からは月1ぐらいで愛媛~香川を巡りたいところです。

今年は初めてのことだらけで大変疲労が重なったため、年末はゆっくり過ごしたいと思います。

Kochi Art Messeに作品を

Posted by Miku Nagano 永野未来 on   0 

Kochi Art Messeに作品をかるぽーとに提出してきました。
思っていたよりすぐなんとかなって良かったです。
三作品だしたので、個展と同時期ですが、私も見られる時は展示に行く予定です。

P_20181222_124247.jpg
家にも今日赤ちゃん犬(リンと言います)が来ました。赤茶の方はお馴染みのアンです。
アンは怯えてるのか吠えっぱなしで、リンはマイペースでいまのところ甘えん坊ですね。
これからどう二匹が成長していくのか、楽しみにしています。

高知での個展に向けて

Posted by Miku Nagano 永野未来 on   0 

年末年始の中個展の準備をしているため、ゆっくりとはしていたいのですがやはりばたついています。
なるべく展示というものは神聖にしたいと思っているため(イラストやお絵かきは兎も角、私は基本的に絵画を描くという行為は神聖な行為だと考えています。私の中で絵画は歴史を辿ると神や仏に通ずるツールだと考えているため。)、公募展もグループ展も厳かに行いたい気持ちが強いです。
勿論、他の人の展示に行く時も同様、慎重にいつも行っています。いやな気持ちで行ったりしたくないですし見てもらいたくもないので…。


ということで、折角なので県展バッジもつけて行こうと用意しました。
今までこのバッジどうしたらいいんだろうなと思っていたのですが、これからは自分の個展の時にはこれをつけていこうと思います。
ちなみにこれは高知県展に入選してると戴けるもので、高知県展は無鑑査になるには特選を三回取らないといけません。
無鑑査の方でジャケットに沢山バッジをつけていた方がいて、相当努力されたのだなぁと思ったことがあります。
私の中で高知県展は高知で一番の公募展だと考えています。
転勤族で故郷がないような私も基本的に高知育ちで高知県民だと思っているため、これからももしどこへ行こうが高知県展は大切にしたいです。

そして、犬塚勉さんの画集を眺めつつ、私の絵の理解者は何より自分自身であることを、まずは身につけなければならないと、個展に向けて想うこの頃です。

20181220011848fc0.jpg

振り返りと来年に向けて

Posted by Miku Nagano 永野未来 on   0 

今年(というか今まで)、高校生ぐらいから誘われた公募展や展覧会には参加するという形だったのですが、
最近量が増えてきたので整理して来年からは臨みたいと考えています。
主に出していた展覧会
・高知女流展
・高知市展
・高知県展
・TOSA・美術アカデミー展
・翔け展

でしたが、来年から目標にしたいのは
・高知県展※
・TOSA・美術アカデミー展
・二紀展※
・その他展覧会があれば
・個展(できる年のみ)※
(※が特に重要視してるもの)

ぐらいにしようかなと…。
流石に色んなものに出していたら費用に関しても体力的にもピンチなので。
でも続けるならできたら規模を拡大したいのも事実で。
SNSも絞ったので、こちらも徐々に決断していかないとなと思って並べました。
後は家の掃除のみ。

後、来年はもう一度兵庫県行きたい。
(芦屋市立美術博物館と神呪寺行きたい)

絵に命を懸ける

Posted by Miku Nagano 永野未来 on   0 

DuJCqbjXQAEmN1Y.jpg
DuJCqqoX4AcgvHz.jpg
2016年の絵を2018年にやっと色を付け足して、これまでのことを含め色々あったなと思うこの頃。
諸事情で大学時代の友人と離れ離れになり、昔の教授からのアドバイスで「自分の立ち位置を固め、笑顔で迎え入れることを待つこと。離れ離れになっていても続けられる友人関係はある。」という言葉。
あと、二紀展の先輩で高知県展の無鑑査の先生が語ってくださった「我々は絵に命を懸ける集団だからね。」という言葉。

後々になって振り替えられる言葉の重みをかみしめて、来年を迎え制作が続けられることを願います。

Kochi Art Messe

Posted by Miku Nagano 永野未来 on   0 

「Kochi Art Messe-高知アートメッセ-」に参加する予定です。
F6以下の作品を三点作品を出そうと思っています。
場所は高知文化プラザかるぽーとです。
日時など詳しい詳細はこちら http://www.bunkaplaza.or.jp/jishu/18/artmesse/index.html
メッセというのはドイツ語で「見本市」ということのようです。
実は日程が私の個展と重なってるのでかなり焦ってるんですが、過去作品あり販売ありということなので参加しようかなと。

ちょっと東京の方にも公募展を出したのですが一次審査は通りつつ、二次審査が落選でした。
今年は県展も落ち、初めてではあった二紀展も選外佳作、ということもあって(後生活が多忙なのも含めて)
自分の生活向上のためにもTwitterを停止しました(SNSの更新のみツイート)。
多くの方々に支えられ励まされてきて、情報収集にもなりとても助かりました。
かなり悩んでいたのですが、やっと決断できました。今までありがとうございました。

該当の記事は見つかりませんでした。