FC2ブログ

Miku Nagano 永野未来 ブログ(公式)

絵画制作しています。推薦環境はPC。I am making paintings. Recommended environment is PC.

色彩検定1級勉強中

今年の半年は色彩検定1級を勉強することに。
自分もつい最近までは2級取ったらもういいだろと思ってたんですが、ひょんなことから色の理論的なことが勉強不足で全然わからないところが増えたので受けることにしました。
疑問に感じたのは配色についてですね。アニメなんかでも色彩設計は結構女性がやってることが多いので色のことは女性の得意分野なのかもしれませんね。ついでに言うと色覚特性(色弱、色盲)は男性の方がパーセンテージ多いです。
こういうことは流石に男女平等な世の中でも、人間の構造上の仕組みは歴史の過程で進化してしまったのだから仕方ないです。
これを感覚でなく理論で理解できなかったらプロ失格だなと感じたので猛勉強中。

念には念をと5月から素手にスタートさせているんですが、うーん。
頭の中に入っているのは今の段階で三割あるかないか。
大体どういう仕組みの資格なのかは理解できてきました。

二級までは受けてたので何となくコツは分かっているんですが。
友達も別の試験を受けているので二級の範囲で一緒のところがあったので、教科書見ながら教えたりしたこともあって、
とりあえず二級範囲は軽く復習したらどうにかなるレベルだったので良かった。汗

とりあえず5~7月まではノートに手書きで詰め込んだので、問題集が届くまでは今までのまとめをPCで打って印刷しようとしてます。
マークシート方式なので一次は漢字でないんですが、二次は書きもあるので漢字もチェックしないとまずそうですね。(そこは二級と一緒。)
問題は二次の実技ですね。二次までたどり着けるかすら今危ういので考えたくないので、範囲の分を勉強していきます。

絵を放って勉強するってことが最近なかったのでそこも怖いんですが、こういうのは焦っても無駄なので自分のペースでやっていこうと思ってます。

個人的に勉強で好きな箇所は配色や色彩理論、色に関する歴史の方で、苦手な分野は光学系や目の構造、数式、デザインに関する箇所。
勉強は最終的に文系も理系も必要不可欠になるんだよな…。
ユニバーサルデザインや環境あたりは、好きというより今の時代重要だなという気がして勉強中。

もっと勉強真面目にやっておいたらよかったなと思いつつ、大学ぐらいまでは行けるだけの力をつけてくれた厳しい両親には、今頃感謝しています。

勉強している時にゲーテの色彩論が出た時は、ターナーの絵を思い出してちょっと嬉しかったですね。
ターナーはゲーテの色彩理論を現実性の中で結び付けて制作していたようです…まあターナーは今でも特殊な感じがしますが。苦しい人生の中、最終的に絵画で行き着いたのが「光」なので。(本当に光を描ける作家さんは漫画家であれ画家であれ凄いと自分は感じます)
ターナーは中学生の時に最初に憧れた洋画家ですし、調べていけばいくほど苦しい人生を送りながら絵の中だけで天才として活動されてたんだなと思うと、自分も憧れと同時に心苦しさを感じます。女性恐怖症は、男性恐怖症な私は共感できるところですが。

来年からは絵の制作も本腰入れられるぐらいになれるよう、今年の勉強をしっかりします。
早く大きな絵を描きたい。

p.s,人に対して制作に関しては応援できますが、それ以上の気持ちは怖くて持てないです