FC2ブログ

Miku Nagano 永野未来 ブログ(公式)

絵画制作しています。推薦環境はPC。I am making paintings. Recommended environment is PC.

夏休みと子どもたち

絵の話じゃないんですが。

夏休みを少しでも楽しめた子どもってどのぐらいいるのだろうと、ふと考えました。
私は宿題にひぃひぃしてたけど、親や仲間のお陰で楽しく過ごせたと思います。
私の親も、きっと祖父母がしっかり者だったので楽しかった思い出ってあるんだろうなと感じます。
祖父母、曾祖父母世代は…戦争中だったので、祖母の話を聞いても戦時中らしかったのでそれどころではなかったように思います。
それに祖母は父も居なくて肺炎に近い病気だったので、青春時代は壮絶だったと思います。

そんな祖母が時々言うんですよね。
「戦時中はみんなに助けてもらえた。私は幸せ者だった。」

祖母の性格もあるでしょうが、祖母は尊敬しています。
それに比べて自分が大人になってから、我々大人が子ども化しているように感じたりもします。
(全員がってわけじゃないですが)

何かに勝つとか負けるとか、評価されるとかされないとか、そんなことで悩んでる暇なんて本当はないのではないか。
自分に与えられた課題にしっかり向き合うべきではないか。
身体も労るべきでないか。流行に踊らされてないか。
人として大切なものを見落としてないか。
自分が幸せ者であるにも関わらず不幸に酔ってないか。

吉田拓郎の「夏休み」とさだまさしの「防人の詩」を聴いてるんですが、夏休みを楽しめた幸せな子どもはどのぐらいいるんだろうか。