FC2ブログ

Miku Nagano 永野未来 ブログ(公式)

絵画制作しています。推薦環境はPC。I am making paintings. Recommended environment is PC.

どういう思いで作品を作ってるか、展示するか

今日の勉強範囲「色彩心理」は終わり、ちょっと「太平洋戦争 その始まりと終焉」という本を世暇に読んでたところです。
韓国で日本のパラリンピックのデザインの問題が問われているので冷静に見守るべきだと考えるところですが…。

どういう思いでその作品を作ったのか、そして展示するか。
私も最近「私の想う御厨人窟」を三回違う場所で展示して、呼ばれて出したというのもあったのですが、意図を明確にして出さないとなと今後のことも考えるわけです。
あの作品は二紀の神戸巡回展、個展、二紀独立出品者作品展に出したのですが、
一つはテーマの中に「二紀会に携わった作品」として展示を二回出させていただいた経緯があります。
もう一つ」個展で出したのは「水を描く。」という水のテーマとして展示した経緯。
二つの意味が重なって三つの展示で出しました。
つまり、何かを展示するということは「どういう意図で作品を作ったか」をテーゼに置いて出展しないと、
「単純に作りました、展示しました、何も考えてませんでした、配慮が足りなかったです」と思われても仕方ないわけです。

作品を展示するということは、ハイレベルになればなるほど「意味」を問われます。
日本人と韓国人のように考え方が全く違う人種もいる中で、「どういう思いで作品を作っているか、展示するか」は、重大なテーマの一つだと考えます。
私も自分の問題として気を付けたいところです。