FC2ブログ

Miku Nagano 永野未来 ブログ(公式)

絵画制作しています。推薦環境はPC。I am making paintings. Recommended environment is PC.

絵を描くにあたってのメモ

ErqrNT2UcAA9IAT.jpg

傷ついている自分を認めたくない
自分はそんなに弱い人間だと思いたくない
まだ描ける、そう思いたい

でも実際に動けない
休まないといけないのに休めない
休みになってない

どれだけ傷ついているかという蓋を開けるとパンドラの箱のようにどろっとした気持ちがたくさん出てくる。
今までの私は「怒り」がモチベーションだった。
もうそんなの辞めたい。
切り替えて次のステージに行く準備をしないと。
でないと絵も自分も成長しない。

吐き出すことで見つかる本質がある

---
上はツイッターでのメモです。
私は画家になりたくて画家になったわけじゃなくて、恨みや怒りで仕方なく画家になったところがありました。
常にそれが違和感として残っていましたが、怒り任せで続けていました。
でも、怒りをエネルギーにして描く限界が来て現在スランプ中です。
(忙しい時期じゃなくてタイミング的には良かったのですが汗)

趣味で絵をやってた頃はあんなに純粋にやってたのに、画家として活動していくとドンドン荒む自分に違和感をずっと持ってました。
「傷ついてるから」っていうことを、怒りが強すぎて今の今まで見えてきませんでした。
私より年下の人が頑張って「画家になりたいです」と言ってたり、「画家として誇りを持っている」人を見ると、私の立場って違和感があるな…みんななんであんなに真剣なんだろう…と考えたりもしたものです。

技術や仕事が増えるにつれ、違和感はどんどん増してとうとう爆発しました。
「画家として清らかでいたい自分」を覆い隠していたような気持ちです。

癒される絵を描くために、まず自分が癒されなくては。
癒されるための方法は割と知っているので、ちょっとずつ慣らしていくしかないですね。
生まれ変わりたいものです。