FC2ブログ

Miku Nagano 永野未来 ブログ(公式)

絵画制作しています。推薦環境はPC。I am making paintings. Recommended environment is PC.

日本の絵を描くにあたって、神仏と関わらない訳にも…

日本の風景画を描くにあたって、風景と出合うとそこにはどうしてもその地に仏が纏わっていたり神道が纏わっていたりする。
そうするとどうしてもそのための勉強は避けることができないわけで、最近は神道に纏わる話の本も読んだりするが、神々が多すぎてややこしい。

とりあえず入り始めということで山水治夫さんのスピリチュアルノンフィクションを読むことに。読んでいてよかったら「オススメ本など」で紹介したい。
彼は音楽家だが、音楽をやっているうちに瀬織津姫に興味を持ち、全国や世界各地を周って旅をしているようだ。
私も空海の影響が強くて絵を描いているところがあるので、どことなくそういう雰囲気は共通しているように感じた。
また、男性のエッセイ本というのは新鮮な感じがして今のところ面白い。二冊買ったうちの一冊を読んでいるところです。

私の家(といっても転勤族だったので家という家が無かったので父方の祖母の家になるが)には空海が存在する仏壇と同時に神棚もあったので、山水さんほどのめり込む必要はないかもしれないが勉強しないわけにはいかなくなってきたと思っています。

特に県展で「轟の滝」を描いていたときにも、そこには神社があり神様が祀られていたのを覚えている(当時はそういうことに興味がなくて、ただ神秘的だと思っただけだったので、何の神様だったか忘れたけど…)。
今描いている風景画の近辺にも小さい祠やお地蔵さんがあったりしたので、やはり本当に美しい風景には昔の人も感動していたのかもしれないと思う。

絵には技術が先なのか精神的側面が先なのか最近わからなくなったりしている。
いや、両方が同じレベルで育っていくのが大切なのではないだろうか?
技術だけの絵は偉そうなことを言うと、どこか薄っぺらさを感じる。
勿論技術も大事だけれども……。

色彩検定もそうだけれども、様々なことを学びながらこれからも絵画制作に専念します。