FC2ブログ

Miku Nagano 永野未来 ブログ(公式)

絵画制作しています。推薦環境はPC。I am making paintings. Recommended environment is PC.

田島征彦さん、沖縄の現実について

FE21LrQaUAAwyoo.jpg
今日は資格勉強の過去問が終わった後、facebookで急に絵本作家でアーティストの田島征彦さんからメッセージが来て驚きました。
双子の兄弟の征三さんとは高校時代、美術館の職業体験の授業で関わったことはありますが。

話を聞いてみると絵本を染色で制作中なのかな?沖縄の軍事基地のことをテーマにして人から話を聞いたりして色々構想を固めているようです。「最後はどうなるか自分でもわからない?!」と文章を投げかけられて、話が凄すぎだし突然すぎて私もえーとえーと…な感じで答えました。
ただ分かったのは、作品制作はやっぱりどんな人でも最後はどうなるかわからないというところは自分でも共感できたということ。
(これで私の作品は完璧だ…って思ったら画家としての人生終わりだなと改めて思った)

写真の「やんばるの少年」の絵本も、沖縄の自然と理不尽な問題をテーマにされているようなので、私も試験が落ち着いたら読みたいなと思っています。
流石に大人で沖縄と米軍基地の問題について知らないという方はいないと思いますが、そういうテーマはとても大事だと思いますし、絵のテーマにするということは凄く勇気がいることだし、さらに絵本にするとなると大変だろうなと。もし知らないという方は検索してください。

でも流石…何十年もアートをやっている方は、現実との向き合い方、自然との向き合い方、絵のテーマ、技術性、発信力(絵で何かを伝えたいという想い)。何から何まで熱くて凄い。
私で話の参考になったかなーとドギマギしましたが、一応同じ高知出身の若い人からどう思うか聞きたかったようなので少しホッとしました。

何だか私のやってることが改めてちっぽけになる話ですが、とても参考になりました。
アーティストとしてこういう歳の取り方をしたいと勇気づけられましたし、田島さんが元気そうで何よりでした。

※カテゴリを「他のアーティストの展示」に一応分けました