FC2ブログ

Miku Nagano 永野未来 ブログ(公式)

絵画制作しています。推薦環境はPC。I am making paintings. Recommended environment is PC.

何度も諦めたツイッター断捨離

もう30歳になるし、令和にもなるし、思い切ってツイッター断捨離。
ツイッター楽しかったですよ。大学時代の友達もいたしアーティストさんたちの日常も眺められましたし。

でも、もういいかな、限界かな…と思いました。
年を追うごとに加速するツイッターの議論化、攻撃性が嫌になりました。
何度もやめようかなーと思ってずるずるとしてましたが、
このままでは制作に影響を及ぼしかねないと思ったのでストップ。
画家さんもツイッターしてますが、ツイッターしてない画家さんだって沢山いますし…
ツイッターしなくても画家はやっていけるだろうと…。
(実際依頼はメールかpixivかリアルから来てるので)

facebookは流石にメッセンジャーで連絡取ってたり本当のリアル知人もいるので、
これまで断捨離すると不便なのでしませんが…。

これも時代の流れというか、自然の成り行きというような気もします。
もともとネットリテラシーがしっかり教育されていたらツイッターだって楽しめると思うのですが、
そういう教育を受けずに大人になった方だって沢山いますし、
何より匿名でやってる人も多いという点で信頼性あるSNSじゃないなと切り捨てました。

pixivもどうしようかなと考えましたが、あそこはSNSというより絵が純粋に好きな人が多そうなので続けます。
趣味で楽しんでいる方も結構多くて、若い人のイラストを見てると昔の自分を思い出すようでちょっとほっこりしますし笑

自分のことはブログにほそぼそ書き留めるのが向いてるかな。
ブログは強制的に見るものでないので縛りはないですからね…。

そんなことで、7年ぐらい続けていた(本当は浪人時代からやってましたが)、ツイッターという文化を一つ断捨離します。
今までありがとうございました。


もちろん、絵は続けていきます。
精神的な治療は続けていますが、医師にも絵は続けていった方が良いということでこれからも続けていきます。
実家暮らしですが少し収入も入るようになったため、良い加減画家だと自分で認めないといけないですね…。

---
追記
ツイッターをもう一つやめたかった理由は、ツイッターに流されて生きる自分も嫌になったというのがあります。
若かった頃とはいえ、知らず知らず流行のツールに流されることは芸術家として恥ずかしいですし、勉強不足で日常生活を疎かにしている自分が存在していたこと自体が屈辱的でした。
もっと時間を有効活用して仲間の展示に行ったり作業環境を整えたり、絵を描くことに没頭したり、時々で良いから実在する人物を大切にしたい、そういう思いが膨らむに連れて、非日常の人の何気ない情報って本当に今の私にとって大切なのかと思ったら、時間の勿体なさを感じました。自分としてもとても恥ずかしい気持ちになりました。
本当にこんなツールが大流行して声が大きくなりテレビや売り手、若者まで影響されている今の世の中に若干の不安も感じつつ終了させていただきます。
まあ、楽しかったことや知識もたくさん入ったので、貶すばかりではいけませんが…自分が合ってなかっただけというのもありますし。
とりあえず、明日も早速写真家さんからDMが届いてますし、暫くはゆっくりしながら知り合いの展示を沢山見たいです。

さりげなくドメイン変更しました。これからは自分もインターネット上でのマナーは気を付けます。