FC2ブログ

Miku Nagano 永野未来 ブログ(公式)

絵画制作しています。推薦環境はPC。I am making paintings. Recommended environment is PC.

写真とデッサンと絵画

私は現場に行って感動してからそれを写真に撮って、それから絵を制作するパターンを高校時代からやってます。
(高校時代はそれが何を意味するのかはさっぱりわかりませんでした、ただやりたいことをやってました。)
同時に高校の時はデッサンが必須だったので、デッサンと同時並行して制作を進めていました。
このやり方は間違いではなかったと思ってます。

大学時代も一応デッサンの講義を受けてデッサンしながら絵画制作と課題を同時並行してたのですが、二年になったとき哲学の授業も入り、ダダイズムのことを一人で研究しているうちに躁鬱になってしまい自主退学しました。
あの時は学校行くにも身体が動かないうえ、大切な人の弟が自殺したり、東日本大震災があり大学どころじゃありませんでした。
今もそのトラウマで病気は続いてるのですが大分マシになりました。

高知に帰った後、スペイン学んだ画家の絵画サークルのチラシを見て、興味本位で習ったら結構シビアでした。
一年ぐらい西洋デッサンの基礎を習ってから、写真を見ながらデッサンする方向に移って、もうこれで潮時かなと思って自主的にやめました。

そのあと高知美術研究会に一時期入って、絵画研究を素人と県展無鑑査の方などをお呼びして、今度は絵画研究に力を注ぎました。公募展にガンガン出すことでいろんな人の意見を参考にしながら絵画について勉強していきました。

高知県展をしていくうちに高知県展以外にも東京の二紀展にも展示している方から、「お前そのぐらいだったら東京も出してみ」
と言われて去年頑張って、一応選外佳作という形で一般参加しました。ここでも貴重なアドバイスを受けて良かったです。

そのあと自主的に貸しギャラリーを借りて個展を開催。
全部現地に行った後写真を撮って、その写真からイメージを膨らませた絵画を15点ぐらい展示。
いろんな方が来てくださったことに感謝しつつも、頑張りすぎて疲労。

ということで今は昔と比べてほぼ休止というわけです。


写真を使うなと言われ続けたことも多々あったのですが、写真家さんと交流することによって分かったのが
「写真では見逃してしまう瞬間のものを画家は描いているのではないか」ということでした。
写真を使って絵画を描くことは、写真はあくまでツールにすぎず、そこにあった見逃してはいけないものを絵画として描くことに意味があるのだと私は考えてます。
現場主義も勿論表現方法の一つですが、現場には現場の限界がある。それを私は写真を通じて見逃したらいけない何かを探ろうと思って制作しています。
(例えば現場だと足元が危ないところではキャンバスを置けない、ましてや海の中まで潜ってキャンバスを持って制作することは不可能なので、どうしても静物画や人物画、風景画で自分の枠でしか制作できなくなる恐れもある)。
そこで必要なのは、形に捕らわれない想像力もあると思うのです。

何気なく高校時代から制作していた形が、30近くになっても変わらないでいるって飽きないのかなと自分でも思いますが、一つの使命感として大事にとらえておきたいところです。