色彩についての感覚と理論的思考 - Miku Nagano 永野未来 ブログ(公式)
FC2ブログ

Miku Nagano 永野未来 ブログ(公式)

絵画制作しています。推薦環境はPC。I am making paintings. Recommended environment is PC.

色彩についての感覚と理論的思考

Posted by Miku Nagano 永野未来 on   0 

高知市展が始まる中、5月は勉強に慣れるように色彩について学んでるところです。

色彩検定1級なんですが、まあ勉強してよかったことは、色彩検定2級までの知識+感覚で頼ってた自分にも限界が来ていたところを知ることができたことですかね。
感覚が研ぎ澄まされてくると、それと同じぐらいの理論的思考は必要なわけで。
どちらに偏っても制作は苦しくなるだけなので。
ex)音楽で言うなら楽器は弾けて音楽の歴史も知っているのに楽譜を読むのが苦手というぐらいまずい
※ちなみに絵画で必要なのは形、明暗、色で、音楽で必要なのはリズム、メロディー、ハーモニーのようです。
どちらもテーマと言葉は今の時代ないとやばそうですが。

今は教科書を半分弱ぐらい進めたところですが、光の色彩については難しいなと思ってます。
(CIE XYZ表色系やL*a*b*色空間などPCやテレビモニターあたりの色彩の勉強)
色材の方が絵具を使ってる分まだわかるというか…(計算式が出てくると厄介なのですが)。

後半は色彩心理やデザイン(ファッションやプロダクト、インテリア、環境、ユニバーサルデザインなど)についてなので、
まあその辺になってくると具体的になってきて毎回面白いなと思って勉強してましたが、今回はどうかな…。

これも一次試験の対策で、二次の実技の勉強は秋頃始めようとしてます。
まあ一発で合格できなくても、今年猛勉強しておいた方が後々楽なので今年は猛勉強します。

色をもう一度勉強しようと思ったきっかけは、自分の絵をみて「感覚的に見て違和感を感じるのにそれを言葉にできなかった(知識不足)から」です。
それでスランプになって絵が描けなくなるぐらいなら一年絵を休止しても勉強しようと。
勉強を進めていくうちに、違和感も理解できたので良かったです。

5~6月は教科書、7~8月は問題集、9~10月で実技対策と予定してますが、果たして上手くいくかな。
より専門性の高い勉強をして、更なる絵の糧にしていきたいです。

…堅苦しい話になりましたが、以上です。

Miku Nagano 永野未来

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

Leave a reply





管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。