FC2ブログ

Miku Nagano 永野未来 ブログ(公式)

絵画制作しています。推薦環境はPC。I am making paintings. Recommended environment is PC.

「独立.ニ紀出品高知作家展」7/14~19

「独立.ニ紀出品高知作家展」7/14~19
場所:高知市文化プラザかるぽーと第5展示室
http://www.bunkaplaza.or.jp/event/index.html

今日から始まってます。力作ばかり揃ってます。

Ec2svkYU8AEUb8r.jpg
私の絵の展示はこんな感じです。
青い方の絵はまだ完成してないので、展示終了後はじっくり描き進めたいと思ってます。

その次の週はTOSA・美術アカデミー展です。
コロナの関係か搬入時に高校生がいないようなので、自分も頑張らねば。

絵に纏わる日常

今日は制作したりDMを渡したり頂いたりしてきました。
来週から「独立.ニ紀出品高知作家展」が始まります。
その次の週から予備校のOBOGとして「第29回TOSA・美術アカデミー展」があるため予備校に久々に行ってました。
相変わらず先生は元気で良かったです。
EcTe3GUUwAAn9C1.jpg
行きの前と帰った後は来年の展示のため制作。絵を描いてから出すまでに時間差があるので時々時間がよくわからなくなります。
そのぐらい忙しい方がありがたいのかも。

IMG20200707203828.jpg
プロフィール画像を変えました。
画家として顔を覚えてもらうという方法も大切なことだと思ったため。
あと写真撮ってないと突然死した時写真がないと困るらしいですね…。
突然死しないように生きますが、保険として顔写真にしておきます。

「春潮会」グループ洋画展

眠気を通り越したので、ブログ投稿。
ソーレ1階のアトリウムで「春潮会」グループ洋画展をやってたので行きました。
知人が出していたというのもあって。もう終わってしまいましたが…。

【アトリウム展示のご案内】
ソーレ1階のアトリウムにて、「春潮会」グループ洋画展を開催しています。展示期間は6月24日(水)~6月28日(日)10時~17時迄(最終日は16時迄)是非、この機会にご覧ください。

こうち男女共同参画センター「ソーレ」さんの投稿 2020年6月24日水曜日


知人は何回も県展に通らないので県展に出すことを目標としているのもあってか、やっぱりその中でも意気込みが違いました。
知人を待っている間は男性が絵の紹介をしてくださり、その方は大阪で絵を習っていたようで、結構写実的に丁寧に描かれていて凄いなと思ったんですが、中々謙虚な方でした。

この展覧会を主催している先生が私の中学時代に一年だけ教えてくださった先生で、人それぞれ個性に合わせて絵を教えていて、改めて先生を尊敬する気持ちになりました。
私も題材にしていた徳島の「轟の滝」ともう一つ瀧を描いていましたね。
先生は県展でも木や岩を描くことが多くて、私の描いた絵と随分違った硬めの表現になっていたのが絵の面白さだと感じました。

コロナで展示も延期して開催されたそうでした。
コロナウイルスの件で中止になったり延期になった展示も多いですよね。
できるだけ早く終息して、また世界が復活することを祈ります。

(私が)絵を描く上での成道ってなんだろう?

寝ようとしたら途中で自分の中で絵のことを掘り下げないとなと思うことに気が付いたのでメモ書き。

Twitterを主に更新しているのでつい雑記ばかりになってしまって振り返りが少ないなと思うこの頃ですが、
二紀・独立の高知出品者たちと語った言葉を思い返したりしていくうちに、自分の絵について自分で考えたくなりました。

成道…とは、悟りを開くことなので、そんな「おおごと」を今の自分が決める必要はないと思いつつ。
一つ「私って意外とポジティブな人間なんだな」と気が付いて。

「絵で人を癒したい」と思ったのは、20代は死にたくて絵を描いていたんですが、
そんな自分が自分で絵を描くことで癒され随分と元気になり、他の人も喜ばせ期待させられる人間の一人になれたことがとても大きいです。

その上「絵があることは一つの救いなのではないか」ということに気が付き、もっと多くの人に広めたいと思う気持ち。
当たり前だとか大げさに思う人もいるかもしれませんが、それは私の中では一つの悟りに近いのです。

10代はとりあえずよくわからないけど感動したから描いていた。
20代は死にたさから救われるために何とか力を振り絞って描いていた。
30代からは、私の成道から絵を描き続けたいです。

そしたら、きっとこれからも何とかしぶとく生き続けていけるでしょう。

引っ越しする可能性

今住んでいるのが高知市なのですが、来年あたりに祖母の家の本山町に帰る可能性が出てきました。
まだわかりません。

親も、本山で暫くの間絵画教室をしたら?とのこと。
元々高知で活動している二紀でお世話になってる先生にも「子どもに絵を教えたりしたらいいじゃない」
と言われてましたし、自分もいつまでもこの生活はできないだろうと考えていたので検討中です。
先の話なので準備すらできてないですし、突然なので動揺はしてますが…。

そのためにもやっぱり今年は勉強も絵も頑張らないとなーと活動中なところです。
高知市展も今年はできなかったですがボランティアとして委員になってますし、これからは「絵を教える」ということも視野に入れて頑張っていきたいと思います。
技法を巧みに教えるというよりは、初心者~中級者が絵を楽しめる雰囲気の教室にできたらとだけ考えてます。

田舎で暫くプチリタイア生活も悪くはないかなと考えてますが…先のことってホントわからないですよね。
自分は元々転勤族で故郷というものがないもんだと思ってましたが、祖母の家がやっぱ私の故郷なのかなと最近思うようになりました。
祖母も認知が始まっているので、話ができるうちに話をしたいところです。
父には「県外出て自立するなら、まずは資金を貯めろ」と散々言われてます。それもあるのかな汗

流れにお任せして生きています。